オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
電池

電池技術へのNMR応用

ベンチトップNMRは、電池技術において幅広い応用が可能です。X-Pulseを用いたベンチトップ分光法を使用することで、新しい電解質の開発における研究用途から、製造プロセスや品質管理、電解質の劣化による電池の故障の理解に至るまで、液体電解質を詳細に特性評価することができます。MQC+またはMQRを用いたベンチトップタイムドメインNMRを使用することで、セパレータ膜の気孔率の特性評価、負極スラリー中の黒鉛の粒子径の測定、および典型的な電池部品のその他の材料特性の測定が可能です。

お問い合わせ

関連製品