オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
MQC+ Fat Analyser

食料品の分析を、より簡単に、迅速に、高精度に

TD-NMR(時間領域NMR)は、世界中の多くの工場で、油(および水)、固体脂肪の含有量や液滴のサイズを測定するために使用されています。サンプルは抽出やその他の変更を加えずにそのまま測定されるため、オペレーターが複数の手順を踏んだり、自分の判断で正しい結果を判断したりする方法に比べて、より一貫した結果が得られます。

MQC+ Fat Analyserで以下の測定が可能です。

サンプルのハイスループット化と生産管理の効率化を実現します。

サンプルの粒度、空隙、色、組成などによるキャリブレーションの乱れが少ない。

シンプルで直感的なソフトウェアは、熟練していないユーザーにも適しており、オペレーターを分析完了までガイドします。

ユーザーは定期的なクリーニングを行うことで、安定した結果を得ることができます。

お問い合わせはこちら
価格を問い合わせる

精度

TD-NMRは、表面だけでなく試料に含まれるすべての脂肪を検出するバルク測定技術です。

 

危険な溶剤や化学薬品を使用しない

MQC+は、使用時に有害で廃棄時にコストがかかる溶剤を必要としません。

 

汎用性

様々な食品の脂肪を測定することができますが、食用油脂の固体脂肪分析用にアップグレードすることも可能です。

非破壊検査

MQC+を用いて、同じ試料を繰り返し測定したり、破壊的な方法で分析することも可能です。

費用対効果

主電源を準備するだけでメンテナンスはほぼ不要のため、低ランニングコスト。

最小限のサンプル準備

サンプルをチューブに移し、計量、調整、分析を数秒で行うことができます。

 

簡易リニアキャリブレーション

キャリブレーションの設定が容易で、複雑または“ブラックボックス”ではありません。

 

外部接続

LIMSにアクセスするためにネットワーク化されている場合があります。

 

オプション

プラスチック製とガラス製の試料容器が選択可能です。MQC+ Fat Analyserには、キャリブレーション用サンプルが付属しています。

プラスチック製サンプル容器とホルダー

キャリブレーション用サンプル

バイアル、ホルダー、パッキングツール

ダウンロード


関連アプリケーション

農業と食料


関連製品

Follow us on Social Media