オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
MQC+ Solid Fat Analyser

固体脂肪含有量の分析を、より簡単に、迅速に、高精度に

融解プロファイル(固体脂含量と温度との関係)は、食品産業で使用される食用油脂の重要な特性です。特に、ベーカリー、製菓、マーガリン業界では重要となります。その融解曲線は食用油脂の用途を決定するため、サプライヤーやエンドユーザーにとって重要な品質管理パラメータであるとともに、製品開発の目的にもなっています。トランス脂肪酸の低減や排除に関連する法規制が強化され、多くの従来製品が改良される必要があるため、この手法に新たな関心が集まっています。

時間領域核磁気共鳴法(TD-NMR)は、その使いやすさと再現性から、何十年にもわたって固形脂肪含量の測定に選ばれてきた方法です。

測定時間は、安定化油脂は6秒、非安定化油脂は8秒です。

生産と製品品質の厳密な管理を保証します。

シンプルなソフトウェアが、測定プロセスをガイドしてくれます。

また、定期的な洗浄を容易に行うことで、安定した結果を得ることができます。

お問い合わせはこちら
価格を問い合わせる

業界標準の測定方法

AOCS Cd 16b-93、ISO 8292-1:2008、IUPAC 2.150の国際規格に準拠した直接法。

 

柔軟性

同じ測定器を使用して、油分や水分など、さまざまな測定を行うこともできます。

 

最小限のサンプル準備

サンプルをチューブに移し、調整し、数秒で分析することができます。

複数の言語に対応

取扱説明書は、デフォルトで英語になります。また、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、日本語に対応しています。

ユーザー定義のプロトコル

安定化脂肪法と非安定化脂肪法がプリインストールされており、ユーザーはプロトコル(直列、並列、個別測定)や使用温度を定義したり、測定パラメータを変更したりすることができます。

安定したキャリブレーション

装置は安定しており、再校正はほぼ必要ありません。必要な場合においても、わずか数分で完了します。

 

レポート作成ソフトウェア

データの検査、プロット、他のプログラムへのエクスポートが可能で、融解プロファイル曲線の作成も可能です。

 

認証規格

本装置には、fファクターを決定するための認証済み校正試料が付属しています。これらはガラス管に封入され、長期間の使用を保証します。

 

エマルジョン液滴サイズ

液滴の大きさは食品の安定性にとって重要なパラメータであり、特にマーガリンでは水滴の大きさの分布が微生物の安定性を決定します。TD-NMRによる測定では、微小な試料全体の水滴サイズ分布を変化させることなく、また必要であれば安定した温度で測定することが可能です。さらに、顕微鏡法と異なり、TD-NMRは高速で使いやすく、不透明なサンプルであっても様々な分析が可能です。MQRは液滴と固体脂肪の両方の分析に適しています。

Video: オックスフォード・インストゥルメンツMQC+を用いた固体脂肪含有量の分析

アクセサリー

試料は通常100℃で溶融した後、60℃、0℃の順にプレコンディショニングを行い、熱履歴を除去します。ココアバターのような安定化油脂の場合は、別の温度状態が必要です。その後、NMR分析の前、融解プロファイルを作成するために、通常、試料を温度5~6点で安定化させます。MQC+ (およびMQR)には、試料のコンディショニング/テンパリングに必要なドライヒーターやウォーターバスを付属させることが可能です。

ダウンロード


関連アプリケーション

農業と食料


関連製品

Follow us on Social Media