オックスフォード・インストゥルメンツツの一部
拡張
繊維製品

ポリアミド、ポリエステル、ナイロンなどの合成繊維には、静電気や摩擦を軽減し、その他の物理的特性を強化させるために、油性コーティング(スピン仕上げまたはOPU)の噴霧が行われています。コーティングレベルを決定することは製造工程を最適化するために極めて重要です。卓上型核磁気共鳴法(NMR)は、仕上げ剤含有量の測定のためのクリーンで、迅速かつ正確な技術であり、時間がかかり、有害な化学物質を使用し、熟練した実験室要員を必要とする従来の湿式化学法に対する実行可能な代替手段になります。NMRは、溶媒抽出法で正確に測定可能なレベルより少ない仕上げレベルについても測定することが可能です。

詳細資料はこちら

関連製品