オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
Application Note
電池用電解質の分解反応

卓上型NMRによる電解質の分解反応のモニタリング

広帯域卓上型NMRは、電池用電解液の品質管理のための強力なツールであり、これら複雑な混合物の化学組成に関する迅速なフィードバックが可能です。これには、 1H NMRを用いた溶媒の分析、19F NMRによるフッ素を含む塩や安定剤の分析、31Pおよび11Bを使用した同類の塩の分析、7Liおよび 23Naを用いた溶液中カチオン種の特性理解が含まれます。このアプリケーションノートでは、1H NMRと19F NMRの組み合わせを使用して、2種類の市販のリチウムイオン電池用電解液で観察された、セル内性能の違いの原因について迅速に診断しています。この性能差は、よく知られた加水分解反応による電解質の分解の結果であることがわかりました。また、19F NMR反応モニタリングを類似の電解質に適用し、分解反応の競合するキネティクスを理解することで、このプロセスをより完全に理解でき、将来の電解質を安定化させるためのより良い方法につながる可能性があります。最後に、パルス磁場勾配NMRを使用して、「良好な」電解質と劣化した電解質の物理的特性の観察可能な違いを測定します。

このアプリケーションノートから、以下について学べます:

  • 広帯域卓上型NMRが電解液の品質を迅速にフィードバックする方法
  • 反応モニタリングにより、電解質分解プロセスを理解する方法
  • これらの分解プロセスが主要な電解質の物理的特性にどのように影響するか

 

Application Note: 卓上型NMRによる電解質の分解反応のモニタリング

ダウンロード
お問い合わせ

関連製品